igarashi logo

FPウレタン断熱パネルFPウレタン断熱パネルの図

ウレタン断熱パネルに使用されている硬質ウレタンフォームは、高分子化合物ポリオールと、イソシアネートを化学反応させ、同時に成型したものです。

生産工場での製造過程では、木枠パネルにウレタンをプレス機で圧力をかけて注入発泡し、製品化します。

このように圧力をかけることで、密度の高い硬質ウレタンとなり、さらにウレタンの樹脂成分が木枠と密着し、パネルと木枠が一体となって、強さが高まります。

「FPの家」の断熱力は4.56

断熱力の比較断熱材の性能はそれぞれの素材の熱伝導率によって表されますが、実際に使用される場合にはその厚さも問題になります。

使われる断熱材の厚さを熱伝導率で割った数値を「断熱力(熱抵抗)」といい、実際の効果を比較する際に用いられますが、標準で105mmのウレタン断熱パネルを使用する「FPの家」の断熱力は4.56。他の工法と比べても高い数値を示していることがわかります。

各断熱材の断熱性比較(熱伝導率)

各断熱材の断熱性比較(熱伝導率)

一般に住宅用断熱材として利用される素材の中では、硬質ウレタンフォームが最も熱伝導率が低く、断熱材に適した性質であることが分かります。

Copyright © 有限会社 五十嵐木材 All Rights Reserved.