igarashi logo

夏の暑さや冬の寒さなど、気候に影響されることなく、いつでも快適な環境を保つには、住宅の断熱性能と気密性能が大きく関わっています。

季節や地域を問わず、1年中快適な住まいをめざし、「FPの家」は生まれました。

相当隙間面積(C値)1c㎡/㎡/以下

FPの家における気密測定の散布図

住宅の隙間は1㎡当りの面積で示されます。

気密性に配慮していない一般住宅は9~10c㎡程度といわれ、平均で0.5c㎡の「FPの家」はおよそ20分の1という性能を実証しています。

「FPの家」は全棟気密測定後にお引き渡しをしています。

その実測平均値は0.5c㎡/㎡ですが、1c㎡/㎡以下を基準としています。

これは、平成11年度省エネルギー基準で定められた北海道、東北地域(Ⅰ・Ⅱ地域)の数値である2c㎡/㎡の1/2という厳しい数値で、万一1c㎡/㎡を超えた場合は施工のやり直しを行うなど、気密制度の維持を徹底させています。

熱損失「一般住宅」と「FPの家」の比較

熱損失比較図

一般の住宅と「FPの家」の家全体の熱損失を比較すると、「FPの家」は一般の住宅の約半分。

開口部のほか硬質ウレタン断熱材で包まれた壁、床、天井ともに小さくなっているのが分かります。

全棟気密測定を実施し高い気密性能を実証

気密測定風景

「FPの家」は、全棟気密測定を実施し、相当隙間面積(C値)=1c㎡/㎡以下を基準としていますが、現実には平均で0.49c㎡/㎡(平成20年度)という優れた実績を示しています。

Copyright © 有限会社 五十嵐木材 All Rights Reserved.